陳瑞東クリニック
クリニックのご紹介
クリニックの癌診断
子宮癌の診断と日帰り手術
更年期の健康維持と遺伝子診断
アンチエイジングケア
新しい血液検査と研究
医療の点と線 (コラム)

DNA診断を 癌、更年期の診療に、テーラーメイドの医療をめざします。

血液検査だけでなく、DNA検査を行い、がん治療、東洋医学、代替医療の研究成果を生かします。細胞診などの基本技術にも工夫を加え、精度を高めました。

お知らせ メディア掲載歴はこちら
2021.10.22

11月の診療カレンダーをアップしました。4日(木)を休診とさせていただきます。NEW

2021.09.20

10月の診療カレンダーをアップしました。22日(金)を休診とさせていただきます。

2021.03.09

ビジャンC5クリアクリームの販売を開始しました。

女性の肌にとって有害な紫外線から肌を守ることは、とっても大切です。
中でもビタミンCは肌の回復をもたらし、シミを防いでくれる重要なビタミンです。
またカラダにとっても優しい成分です。
しかしビタミンCは水溶性なので、このままでは肌から浸透できません。
そこで院長が創案したのが、ビジャンC5クリアクリームです。
このクリームではビタミンCの構造を一部変え、肌に浸透できるようにしました。
そして毛根の奥やメラノサイトの近くで分解されて、ビタミンCに戻ります。
つまりビタミンCを必要とするところに高濃度に集まるのです。
この結果、紫外線の悪い影響を少なくし、シミを防ぎ、炎症で目立つ毛穴を引き締めます。
しばらく続けていただくと、肌がすべすべと爽やかになります。
ビジャンは50年前に誕生した会社です。
名前の由来はは中国の老師から頂いた、 四柱推命の、比肩、建禄、をもとにしています。 この生まれの方はいい運勢を持っていて、美人の方が多いそうです。
ビジャンC5クリアクリームはクリニックでしか販売しておりません。
販売価格は 税別1本5,000円です。
ご興味のある方は、クリニックでぜひ手に取ってみてください。

2021.01.31

2021年3月よりオンライン診療を開始します。当院に受診されたことのない方は受付できません。また、当初はスムーズに診療できるよう人数の制限をさせていただきます。

2021.01.09

日帰り手術の件数 2019年5件、2020年4件を追加しました。

2018.01.13

Chen JT, Kotani K.共著論文"Different effects of oral contraceptive and dydrogesterone treatment on oxidative stress levels in premenopausal women (未閉経女性に対する黄体ホルモン(dydrogesteron)単独療法は低用量ピルと異なった 酸化ストレス作用を示す)"がJournal of Clinical Medicine Research (JOCMR)誌に掲載されました。
論文の要旨は、「若年女性の月経困難症には低用量ピル、デュファストンなどの黄体ホルモン単独療法どがある。この研究では、低用量ピルとデュファストンでは酸化ストレスに対するが異なり、低用量ピルでは酸化ストレスが有意に高くなっていることが確認できた。幸い低用量ピルをデュファストンに変更すると約6か月で正常状態に戻るので、長期ピル服用の維持から、一時的に黄体ホルモンの一時的な服用を加味することで、血栓症や将来の心血管イベントを抑制する可能性について期待したい。」

診療カレンダー
カレンダーは診療予定ですので、ご予約の際、電話03-5856-0015でお確かめください。
午前の診療は9:30〜13:00 午後の診療は15:30〜18:00です。
5月11日以降は状況に応じて診療時間が変わることがあります。そこでクリニックに事前に電話で診療時間の確認をお願いいたします。
  10月の診療カレンダー11月の診療カレンダー
休診 午後から休診
Copyright(c)2021 Chin Zuito Clinic All Rights reserved.
サイトマップ リンク集 所在地・診療時間クリニックの癌診断