陳瑞東クリニックTOP サイトマップリンク集
クリニックのがん診療子宮癌の診断と日帰り手術子宮頸癌1) コルポスコープによる確認2) ヒトパピローマウィルスの型診断3) 液状細胞診4) 子宮頸癌の日帰り手術子宮体癌5) 癌研増渕式子宮体部細胞診6) 子宮体癌液状細胞診によるより正確な診断を検証7) 遺伝子診断による子宮体がん早期発見更年期の健康維持と遺伝子診断アンチエイジングケア新しい血液検査と研究医療の点と線

遺伝子診断による子宮体がん早期発見

TOP子宮癌の診断と日帰り手術 > 7) 遺伝子診断による子宮体がん早期発見

子宮癌は、頚部にできる子宮頚癌と、体部にできる子宮体癌に大きく分類されます。
当クリニックの子宮癌の診断と治療には、次のような特長があります。
子宮頸癌 子宮体癌
コルポスコープによる確認 癌研増渕式子宮体部細胞診
ヒトパピローマウィルスの型診断 子宮体癌液状細胞診によるより正確な診断を検証
液状細胞診 遺伝子診断による子宮体がん早期発見
リープ装置による日帰り手術

子宮体癌は子宮の中に発生するため、初期の診断が容易ではありません。
また女性ホルモンの影響により、増殖症、異型増殖症といった変化が現れるため、診断が困難となり、なかなか確定できないこともあります。

そこで、採取した内膜細胞の遺伝子変異を調べて、異常な形態の変化とガン化との関係を遺伝子のレベルで確認できないか検討しています。 まだ計画段階ですが、できるだけ早期に実証研究を始め、臨床の場で使えるようにしたいと考えています。